桃の節句「ひなまつり」について

春、そろそろひな祭りシーズンです。今日はひな祭りについてちょっとだけ勉強してみました。

f:id:Goldsky:20210216205032j:plain

無料イラスト素材集『Frame illust』様より使わせていただきました

節句について

ひな祭りは「桃の節句」とも言われ、五節句のうちの一つです。もともと中国から奈良時代に伝わった暦の上での風習を、稲作を中心とする日本人のくらしにうまく適合させ、根を下ろした習慣を節句と呼んでいたようです。江戸時代に幕府が、この節句のうち五節句を、公的な祝日として制定しました。

五節句

1月7日 人日(じんじつ)の節句・七草の節句

新しい年の初め、一年の健康を祈る日に、 春の訪れを告げる春の七草(セリ、ナズナ、ゴギョウ、ハコベラ、ホトケノザ、スズナ、スズシロ)を粥に仕立て(七草粥)ようやく芽吹いた春の七草の「気」をいただき、年中の無病息災をを願って食べます。

3月3日 上巳(じょうみ)の節句・桃の節句・ひなまつり

流れる水にわが身の厄を流すという中国から伝わった上巳の節句の風習と、日本固有の人形文化が融合して、江戸時代以降雛人形を飾る「ひな祭り」という日本ならではの形となって受け継がれています。雛人形を飾り、桃の花や白酒、菱餅などを供えて、誕生した女児を祝福し、健やかな成長を願う節句です。

5月5日 端午(たんご)の節句・菖蒲の節句

中国から伝わった端午の節句が起源で、鎧兜や人形を飾ったり、鯉のぼりを立て、菖蒲湯、ちまきや柏餅でお祝いをします。誕生した男児を祝福し、健やかな成長を願う節句です。

7月7日 七夕(たなばた)の節句・笹竹の節句

日本古来の神様の衣を織る「棚機津女(たなばたつめ)信仰(しんこう)」と中国の星伝説の織姫と彦星の逢瀬とが結びついたもので、「牽牛」と「織女」の二つの星の出逢いを祈るとともに詩歌、縫製、染織などの技術上達を願います。今は、願い事を書いた短冊などを笹竹に付けて立てます。

9月9日 重陽(ちょうよう)の節句・菊の節句

中国では、昔から奇数を縁起のよい「陽」の数とし、その中で一番大きな陽数の「9」が重なる日、すなわち9月9日をめでたい日として、重陽節となったようですが、日本ではそれが江戸時代に入り五節句の一つとなり、庶民の間に広まりました。菊酒を飲んだり、栗ご飯を食べたりして健康と長寿を願います。

ひな祭りの歴史

平安時代中頃に、もともと紙人形を作って海や川に人形を流し、身のけがれをおはらいする「形代(かたしろ)」という行事がありました。また、古代中国では3月の最初の「巳(み)」の日に水で体を清め、宴会を催し、災厄を祓うという、厄祓いの行事がありました。それらが混ざり合い、日本ならではの上巳の節句となりました。

平安時代、宮中や貴族の子女の間で、紙などで作った小さな人形で遊ぶ「ひいな遊び」「ひな遊び」が盛んになりました。この小さな人型の人形を「ひいな」といい、上巳の節句に用いられた「ひとがた」とと結びつき、ひな人形が生れ、やがて家の中に飾り、ひな人形に厄を引き受けてもらい、健やかな成長を願うようになりました。江戸時代に入ると、ひな人形・雛道具ともに豪華になり、女の子の幸せを願う華やかで美しい日本ならではのひな祭りが生まれました。地方によっては、雛人形を川へ海へ流す「流し雛」の風習も残っているようです。

上巳の節句と桃

上巳の節句は、桃の節句とも呼ばれています。桃の木が、ちょうど旧暦の上巳のころに開花期を迎えるというだけでなく、たくさんの実を付けるため、生命力の象徴とされ、邪気を祓う神聖な木とされていたからです。中国では桃は悪い気を払い、不老長寿を与えるとされてきたため、お祝い事には桃の実を食べる習慣があります。

ちなみに桃の花ことばは「気立ての良さ」「私はあなたのとりこ」「天下無敵」です。

古事記のイザナギノミコトが鬼女に桃の実を投げて追い払った逸話からも、桃は邪気を払う力があり、悪いものから守ってくれると古くから信じられていたようです。また、「桃太郎」も桃がたくさんの実を付けるため、生命力の象徴とされていたことからつけられた名前なのかもしれません。

雛飾り

雛祭りの主役は雛人形ではないでしょうか。始まりは「ひとがた」に似たきわめてシンプルな立ち姿でしたが、江戸初期から享保年間にかけて、室町雛、寛永雛、元禄雛、享保雛(きょうほびな)、有職雛(ゆうそくびな)、次郎左衛門雛、古今雛(こきんびな)と座り雛が主流となり、多くの町人に親しまれました。現在一般的になっている七段飾りは、江戸時代の後期ごろまでにほぼ完成した飾り方です。特に大名の輿入れの際に、嫁入り道具の一つとして、大変豪華なものが作られたそうです。やがて明治・大正へと時代が移り変わり、現在の雛人形の形式となりました。このように、時代とともに豪華な坐り雛が主流になり、付属の人形の数もしだいに増えて行きました。

雛人形の並べ方は、古くは向かって右側にお内裏様を、右にお雛様を置くとか、関東では向かって右側にお雛様、左側にお内裏様を置きますが、関西では逆の置き方をするなど、時代や地域によって異なります。

飾る時期

立春、つまり2月の節分を過ぎて、暦のうえで春となったら、いつ飾ってもOKですが、できるだけ2月中旬までのお日柄のいい日を選びたいですね。ギリギリまで飾れないときも、せめて1週間前には飾るようにしましょう。

置き場所

家のスペースとの兼ね合いもありますが、できれば上座の北側に。南に向かって飾るのが正式です。方角を合わせるのが無理でも、直射日光やほこりの少ない場所を選んで飾りましょう。

雛人形

ひな人形は宮中の様子を表しています。

最上段【内裏(だいり)びな】

内裏とは天皇の住まいである御所のことで、男びなと女びなを対で飾ります。日本古来の並べ方は、左上位の考え方により向かって右に男びな、左に女びなでしたが、国際マナーに則して関東では、向かって左が男びな、右が女びなが主流となりました。今でも伝統を重んじる関西などでは、右が男びな、左が女びなとなる日本古来の並べ方となっています。

2段目【三人官女(さんにんかんじょ)】

内裏に仕える女官たち。左から「加えの銚子」、「お酒を飲む盃」を三方にのせて、「長柄の銚子」を手に持っています。真ん中の女官は座りびなで眉毛がありません。昔は結婚すると眉毛をそったため、真ん中の女官は結婚していることがわかります。

3段目【五人囃子(ごにんばやし)】

能の演奏をする人たち。左から太鼓(たいこ)、大鼓(おおかわ)、小鼓(こづつみ)、笛(ふえ)、謡(うたい)で、それぞれ表情が違います。

4段目【随身(ずいじん)】

宮廷を警護する人です。左が若者の右大臣、右が老人の左大臣で、弓矢を持っています。ちなみに、左大臣の方が位が上です。

5段目【三仕丁(さんじちょう)】

宮中の雑用係で、庶民的な人たちです。怒りじょうご、泣きじょうご、笑いじょうごです。台傘、沓台、立傘を持ち出掛けるときの様子をあらわしています。関西風では、ほうき、ちりとり、熊手を持ち、掃除する様子をあらわしています。

参考までに
  • 出すときに、何が入っていたかわかるように、箱にメモを書いておきましょう
  • 人形、お道具を包んでいる半紙やセロファンは、しまう時にも使うため、丁寧にはがしましょう
  • 飾った後で、子どもと一緒に記念撮影をしておくと、次に飾るときの参考になります。

ひな納め

 「雛人形をしまい忘れると婚期が遅れる」という言い伝えがあります。これは、雛人形は、女の子の厄を引き受けてくれる人形とされ、そんな人形を、出すだけ出して、そのままにしていてはバチが当たる、という意味も込められているようです。 いくら婚期が遅れるという言い伝えがあるからと言って、天気の悪い日に急いでしまうと、湿気を含んでカビや虫食いの原因になります。厄を引き受けてくれるお人形を大切にし、雛人形を長持ちさせるためにも、しまうときは「晴れの日」を選んでください。お家の守り神として考えれば、一年中飾っても良いようです。

白酒や菱餅の意味

ひな祭りに欠かせない、「菱餅」や「白酒」。菱餅は緑、白、桃色の三色を重ねてひし形に切った餅です。いわれは諸説ありますが、白は雪、緑はヨモギ、桃色は桃の花にみたて、雪から緑の草木が芽を出しその上に花が咲くという様子を表しているという説が一般的なようです。また、室町時代には、上巳の節句に、「桃花酒(とうかしゅ)」という桃の花びらを浮かべたお酒を飲んだと言われています。このお酒を飲むと、顔色がよくなり、ありとあらゆる病気をとりのぞくと信じられていましたが、桃でつくった桃花酒が日本ではあまり一般的ではなかったので、同じく邪気を払うと考えられていた白酒をお供えするようになりました。

役目を終えた雛人形は供養しましょう

役目を終えた雛人形をそのまま飾り続けることに問題はありません。しかし、自身の雛人形をそのまま子供や孫などへ引き継ぐのは厳禁です。子供の災厄を引き受けてくれた雛人形は子供の守り神ですから、神仏のお守り同様に、供養してもらうのがよいとされています。例えば神社やお寺に依頼し、供養してもらうか、自宅で供養する方法もあります。白い和紙に雛人形を乗せて上からお清めの塩を振り、感謝の気持ちを持ってお見送りします。最後は自治体のごみの処分に沿って処理してください。

一般社団法人日本人形協会では人形供養を代行して行ってくれます。また、人形供養をしている全国の神社などのリストもあります。こちらのサイトでご確認ください。

https://www.ningyo-kyokai.or.jp/